Dr.Nakajimaプロフィール 免疫治療専門医 Dr.中嶋
Dr.中嶋ブログ 不定期更新中!! 良寛の心
「がんが進んでしまっても長生きはできる」

「がんが進んでしまっても長生きはできる!」
中嶋靖児 著
ごま書房新社より好評発売中

群馬県の上毛新聞に取材掲載されました。

群馬県の上毛新聞に取材掲載されました。

群馬県の上毛新聞に取材掲載されました。

伊勢崎産業会での講演が
上毛新聞に掲載されました。

群馬県の上毛新聞に取材掲載されました。

リンパ球免疫治療の講演が
新聞に掲載されました。

リンパ球免疫治療ー中嶋靖児公式サイトTOP免疫はがん治療の決め手がん免疫治療「リンパ球免疫治療」

免疫はがん治療の決め手
がん免疫治療「リンパ球免疫治療」

リンパ球はその種類に応じてそれぞれ固有の働きを持っています。

そしていずれのリンパ球も、リンパ球が機能を発揮するためには、そのリンパ球は活性化して増殖しなければなりません。しかもリンパ球には、何らかの刺激を受けると活性化して、自ら細胞分裂を起こして増殖するという性質があります

がんの免疫療法は、この性質を応用したリンパ球刺激療法なのです。

一般に広く行なわれているがんの免疫治療法にラック(LAK)療法があります。
この治療法でもリンパ球を刺激して使います。

この治療では治療を受けようとするがん患者自身のリンパ球を培養して使うのですが、そのとき「インターロイキン・2」という物質を培養液に加えて刺激をすると、そのリンパ球は活性化してラック細胞という、がんを攻撃するリンパ球に変身します。

そして同時にリンパ球は分裂を開始して増殖し、そのようにして増殖したリンパ球を患者に戻すことでがんの治療をします。

「インターロイキン・2」とは、リンパ球から分泌される免疫活性物質の一つでリンフォカインと呼ばれています。ラック細胞とはそのリンフォカインで活性化された殺し屋細胞という意味です。ラック細胞はどんながんでも攻撃する非特異的免疫反応でがんの治療をすることになります。 そして、このラック細胞もアノマラス・キラー細胞(変則的殺し屋細胞)の一つです。

現在、多くの病院で行なわれているリンパ球を使ったがんの免疫治療は、ほとんどはこのラック療法で、それは患者自身のリンパ球を、リンフォカインという免疫活性物質で刺激し活性化させて使う免疫細胞治療のことです。

リンパ球はPHAなどという植物の成分で刺激しても活性化させることができます。そして、ラック療法はインターロイキン・2という免疫活性物質で刺激して増殖させていますが、このようにリンパ球は特定の物質で刺激すると増殖する性質があります。

最近ではいろいろな物質を使って患者のリンパ球を刺激して増殖させ、それを使ってがんの治療を行なっていますので、ラック療法とは言わずに「活性化自己リンパ球療法」などと呼ばれていますが、その原理はラック療法と同じで、それもアノマラス・キラー細胞の一つです。

即ち、これらの治療法は、自分のリンパ球を体の外で増殖させて使う非特異的免疫治療法であったのです。

一方、他人のリンパ球を使う治療法もあります。

アノマラス・キラー細胞は組織適合抗原の異なる他人のリンパ球と接触することでも誘導することができます。培養管の中でリンパ球を他人のリンパ球と一緒に培養すると、リンパ球は互いに刺激し合い活性化することが知られています。このように他人のリンパ球同士を混合培養すると、リンパ球は自分と異なる組織適合抗原と接触して活性化する性質があったのです。

同じことは体の中でも起こります。

他人のリンパ球を患者に注射すると、患者の体内では、入れたリンパ球ばかりか患者自身のリンパ球も、互いに刺激を受けて活性化し、アノマラス・キラー細胞に変身していたのです。

組織適合抗原とは、すべての細胞の表面についている個人を識別する標識で、個人の身分証明書のようなものです。それはリンパ球で判定しますので、リンパ球の標識という意味でHLAと呼ばれています。

人では一卵性双生児を除いては、全てのHLAが一致する人はいませんので、それは指紋と同じようなものと言ってもいいかもしれません。自分と違う指紋を持ったリンパ球が入ってくると、指紋照合の結果、体はそれを他人と判定します。そうすると、体は一連の免疫細胞に命じて活動を開始させ、体内のリンパ球が活性化されます。それは、自分のリンパ球が外から入ってきた異なる種類のリンパ球に対して警戒し、そのリンパ球を追い出そうと身構える現象なのかもしれません。

体の中のリンパ球は、他人の細胞を攻撃するアノマラス・キラー細胞(変則的殺し屋細胞)に変身して増殖し、拒絶反応で異物であるその他人のリンパ球を排除するように働きます。
その異物を追い出そうとする免疫反応は非特異的反応ですから、当然がんに対しても有効です。

自分の体のリンパ球が活性化してアノマラス・キラー細胞になると、異質な性質を持つそのがん細胞をも攻撃するようになります。

結果として、他人のリンパ球を注射することでがんの治療をすることになります。この治療法は他人のリンパ球を使うという点で、自分のリンパ球を使う先ほどのラック療法や活性化自己リンパ球療法とは根本的に異なる治療法です。

更に、アノラマス・キラー細胞は特定の物質と接触することでも誘導することが出来ます。例えば、実際のがんの治療で使っている免疫治療剤でもリンパ球は活性化し、アノマラス・キラー細胞に変身します。

溶連菌製剤のピシバニール、何種類かの漢方薬、免疫賦活剤であるクレスチンなどの多糖類、それに結核菌から作った有名な丸山ワクチン、アガリクスやシイタケなどのキノコの成分やタヒーボ茶などという樹皮の成分、そのほかにもたくさんのがん治療剤がありますが、これらはすべて生物反応修飾物質(BRM)と呼ばれ、リンパ球を刺激して活性化させる物質であったのです。

すなわち、これらの物質はリンパ球の遺伝子に働きかけて活性化させ、リンパ球を目覚めさせる物質であったのです。そのために刺激を受けたリンパ球はアノマラス・キラー細胞に変身し、がん細胞傷害作用を持つようになります。 実際の治療では、これらの生物反応修飾物質の成分をがん患者の体に直接注射することもあるでしょう。またそれらの製剤を薬として服用することもあります。

更には、がん患者から取り出したリンパ球を培養し、その培養液の中にそれらの製剤の成分を加えてリンパ球を刺激する場合もあります。そして増殖したリンパ球を患者の体に戻してがんの治療を行います。

いずれの方法でもリンパ球は刺激を受けて活性化されます。

患者自身のリンパ球をこれらの物質で刺激して活性化し、がんの治療を行なっていたのです。

したがって、これらのがんの免疫治療剤はすべて、リンパ球を介してがんの治療を行なっていたことになります。このように免疫治療の多くは、T細胞やNK細胞などのリンパ球を刺激して活性化させる治療法であったのです。

このページのトップへ▲